秋の親子サッカー大会(11,23)

5月に行われた「春の親子サッカー大会」は、天候を気にしながらの開催でした。11月23日に行われた「秋の親子サッカー大会」は、一日中良い天候に恵まれ、沢山の団員やその保護者が集まりにぎやかに開催されました。
「ゆうり」が団員を代表して宣誓を行い、親子サッカー大会の始まりです。 お父さんやお母さんも揃って、ラジオ体操やストレッチ。
低学年とお母さんチームの対戦からスタート。低学年チームが日ごろの練習の成果を生かし、2−1と勝ちました。
高学年とお父さんチームの対戦。うめちゃんとお父さんがキーパーとフォワードで親子対決。うめちゃんおとうさんが一人で二得点を上げ、2−1でお父さんチームが勝ちました。

うめちゃんの話「一点目は僕のファンブルを押し込まれた。二点目は、お父さんの良いシュートだった」
6年生とコーチ卒団生チームの対戦。競り合いも激しくなります。 お互いに、手の内は知り尽くしてのかけ引き。
午前最後の試合は、低学年と体験入団の子供たち。3−0で少年団の勝ち、体験の子から入団してくれないかな。
暖かい日差しの元で、お昼ご飯。 何種類ものおにぎりと、漬物、まつ興兵衛のチャーシューが並んでピクニックみたいです。
ミニラーメンだけど、三分待たずに食べていました。硬いの好きだからいいの、だって。 えぐケーキ店から、デザートも届く。
午後は、お父さん・お母さんのシュート大会。赤ちゃん抱っこシュートと言う新種目!?!も登場。これはエメルソンも達也も、経験がないだろうなあ。

お父さんの部は「やまゆ父」が、お母さんの部は「しらいわ母」が優勝しました。
リフティング大会、地区別の試合と進んでいくと、だんだん日も傾いて気温も下がってきました。すると、暖かいお汁粉が登場。体が温まりました。
閉会式では、リフティング大会やシュート大会の表彰式が行われました。百回以上の記録に拍手がありましたが、沼コーチは五百回以上続けたそうです、、、びっくり。

男の子に負けず、一年生や五年生の女の子もメダルをもらいました。

最後に「あず」が代表で保護者の皆さんに挨拶をして、秋の親子サッカー大会を終わりました。