2005年グランド開き2005,1,8


 1月8日の土曜日、新年の練習が始まりました。グランド開きは恒例の、豚汁の昼食から。各家庭が作った豚汁を持ち寄ったため、お鍋によって微妙に味や具が違うようでした。それぞれ、作ったお母さんの出身地が影響するのでしょうか。

 この日の天気は良かったものの風が冷たく、どこで豚汁を食べようか場所を探したり、早く食べて体を動かしたりと、いろいろな姿が見られました。

 練習は、サッカーボールを使ったラグビーから始まりましたが、徐々に実践的なものになって行きました。やはり目の前に迫る、冬季リーグを意識しないわけには行きません。

 皆、久しぶりに蹴るボールの感触や、公式戦を目前にした緊張感を味わっていたようでした。

グランドに全学年が集まり、2005年の練習が始まりました。
大谷場東にダンボールハウス登場!いえいえ、コンロの風よけです。 お昼の豚汁を、ビニールシートで食べる派。
壁で風をよけ、隠れて食べる派。 日なたで、食べる派。いろいろな場所で、食べていました。
グランドには、雪の影響でまだぬかるところもありました。 Aチームはコーチ陣を相手に。
BチームはAチームを相手に。 低学年はコーチ陣が相手をして、試合形式の練習。。
でも練習の終わりは、、、豚汁をもう一度食べました。お昼とあわせると、5杯とか6杯もお変わりをしたとか。

家に帰ってから、夕ご飯食べられたかな?