グランド開き 2004,1,4

 2004年1月4日、新年の初練習、グランド開きが行われました。はじめに集合して、コーチや代表からの話や団員を代表して目標や決意の表明をしました。
 そして、たくさんのお鍋に用意された豚汁のお昼ご飯を食べました。持ってきたおにぎりと共にたくさん食べる子もいて「おばさんお代わり」とお椀を差し出した5年生は「おばさんでは誰もお代わりを運びません」と、係りのお母さんに言い返されていました。

 練習は卒団生も加わり、低学年、Bチーム、Aチームの三つに分かれて始まりました。途中から自転車で現れる卒団生も増え、現役高校サッカー部を含むたくさんのコーチ陣の元、練習が進みました。

 体が暖まったところで、係りのお母さんから鏡餅の的が用意され、PKによる的当てが行われました。
 低学年からはじめ、5年生になるとだんだん当たりだし、6年生が蹴る前に鏡餅の絵はボロボロになってしまいました。それでも何とかテープで繋ぎとめ、全員が的当てを楽しめました。

 この後、コーチや卒団生も加わって試合が行われ、一年の練習が始まりました。