2003年11月30日、さいたまふるさとウォーキングに、5.6年生を中心として参加してきました。この行事に参加すると、埼玉スタジアムで大宮アルディージャのサッカー教室が受けられます。
ところが当日は、朝から雨が降っていました。それでもウォーキングは行うというので、出発の公園に集合しました。
この雨の中、開会式が行われ、長い話に子供たちは少しうんざりした表情でした。足元は、この水溜りです。
ウォーキングは、子供たちのチームを先頭に出発しました。雨のため少しコースを短縮したようですが、それでも埼玉スタジアムまではかなりの距離があります。
ところが、東浦和の駅を過ぎたあたりから、雨がやんできました。この頃は、傘をたたむ子も増えてきました。
大崎の清掃所を過ぎるあたりでは、先頭グループにたちました。旗を持っているのは、歩こう会の先導者です。
コースの中盤あたりです。登山靴にリュック姿という本格的な装備のお年寄り達に、追い抜かれてしまいます。各地の山を歩いている健脚な方々も、しっかりとした装備で参加していました。
用水路の横を歩きます。晴れていれば、気持ちの良いコースなのかもしれません。
コースの各ポイントには、係りの方が立っていました。「あと二キロだよ」と教えられると、思わず走り出す団員もいました。小さく写っている青い服は、走って行く「アズ」です。
数人ずつ、グループになって歩いています。後ろが近づいてくると前の人は抜かれないように走ったり、追いかけっこのようにゴールを目指しました。
こんな秋の風景も、見られました。
遠くに、埼玉スタジアムの屋根が見えてきました。
こんな細い道も歩きました。まさに「ふるさとウォーキング」の雰囲気です。
ついにゴール地点、埼玉スタジアムに着きました。
スポーツドリンクとお茶がサービスされ、飲み放題。「お代わりする」と何杯も飲んでいる子もいました。
埼玉スタジアムのスタンドで、お昼ご飯です。
スタジアム内も、見学しました。ワールドカップの選手のサインなどがありました。
いよいよ、待ちに待ったサッカー教室の始まりです。みんな元気に動き始めました。5年生は人数の関係から、浦和南のメンバーだけで集まりました。ドリブルの鬼ごっこをしています。
6年生グループは、他の少年団グループと合同でした。技術的な指導が多かったようです。相手とボールの間に腰を入れて、と具体的な内容でした。
こうして、ウォーキングとサッカー教室は終了しました。記念写真をパチリ。


 さて、ウォーキングとサッカー教室が終わってから、皆に感想を聞いてみました。雨の中を歩くのにうんざりしたようで「歩くのがなくて、サッカー教室だけなら一番いい」「サッカー教室が、短かった」という話でした。でも、お土産はしっかりもらい「妹の分ももらって行く」と、二人分もらったお兄さんもいました。

 一緒に歩いた大人には、大根と里芋と言うふるさとらしいお土産が出ました。

 始まりは大雨でどうなることかと思ったのですが、曇り空の下でサブグランドとは言え芝生のピッチでサッカーが出来て良かったのではないかと、変わりやすい天気に感謝してしまいました。