ボーイズマッチ 2005,5,1


ボーイズマッチの季節が、やってきました。これまでは駒場での試合が続いていましたが、今年は「埼玉スタジアム2002」で行われました。会場は変わりましたが、相手は去年と同じ大東少年団との試合です。

試合前、選手達はスタジアム外の芝生でアップ。その間に、お父さんやお母さんは南側から入場し、ゴール裏に応援席を陣取ったようでした。

11時40分に、試合が始まりました。広いピッチに大観衆と、なれない雰囲気でのプレーです。大東が攻める展開でしたが、お互いに芝生に足を滑らせたり、足元が落ち着かない感じでした。最初のシュートは、大東が撃ちましたがバーにはじかれました。

浦和南はディフェンスの時間が長いものの、サイドからの攻撃に良く絡んでいきました。前半、ドリブルで抜けた相手フォワードに体をぶつけて止めたプレーに、フリーキックの判定がでました。壁の上を超えたボールがゴール上部に決まり、一失点。さらに、サイドへのクリアボールを拾われて、ゴール隅に決められ、0−2で前半を終わりました。

後半、大東の攻めが続くが、「まさたく」の個人技によるドリブルや、「たっちゃん」への縦パスなどサイドからの攻撃も見せてくれましたが、ゴールを割ることが出来ませんでした。キーパーの「うめちゃん」は何本ものシュートを止め、後半の失点を一点に抑えました。

試合終了後のリフティング大会では「まさたく」「はずき」「ひろせ」が出場し、オーロラビジョンにその姿が大きく映し出されました。


アップを終え、試合直前のミーティング。
前半、サイドを駆け上がる。 前半、南最初のシュート。
キーパー、好セーブを連発。 後半、FW「たっちゃん」が走る。
後半、サイドを抜いた。 試合終了。
リフティング・パフォーマンス。「これを、やってみよう」